TOP
54.59score

ytrjun

スポンサーKataribe

なぜ年金は運用しなければならないのか?

我々が収めた年金は、株や債権(厳密には少し違いますが、便宜的に株や国債をイメージしてください)で運用されています。

その運用を担っているのが、年金積立金管理運用独立行政法人、通称GPIF(Government Pension Investment Fund)です。

◆◆◆GPIF-年金積立金管理運用独立行政法人◆◆◆

公式サイトがこちら

年金積立金管理運用独立行政法人

年金積立金管理運用独立行政法人のWebサイトです。年金積立金の安全かつ効率的な管理・運用に努め、年金制度の運営の安定に貢献します。

こういう公的機関をはじめ、組織として巨額の投資資金をもって株や債権などを買い付けて運用する団体を、機関投資家と呼びます。

~~~GPIFの目的~~~

GPIFの目的は、年金制度の安定化です。

納められる年金と払い出される年金のバランスを、長期間にわたって維持し続けることがGPIFのお仕事です。

~~~なぜ年金は運用しなければならないのか?~~~

答えは簡単で、年金を安定的に給付するためです。

仮に運用を辞めたとしたら困るのは国民です。

今のように少子化が進んで納める人自体が減ったり、景気の悪化で年金を納められない人が出てきたら、年金の積立金が減っていきます。年金を払い出してもいますからね。

それに運用資金の出所は、国民が毎月納めるお金です。もし運用を辞めたら、年金の払い出しを安定化させるために、国民年金の納付額を上げざるを得なくなります。

そんな状態、年金制度が安定しているとは言えないですよね。

◆◆◆運用は分散投資◆◆◆

年金の運用を分かりやすくするために、食生活で例えてみます。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

まず画像左側。肉(国内株式)ばかりの食生活だと、栄養バランスが崩れていて「病気(損失)になる確率」(リスク)が高いですよね。

一方の画像右側。肉(国内株式)の他にも、魚(国外株式)や野菜(国内債券)、果物(国外債権)なども採れば、栄養のバランスはとても良く健康的(リスクが低い)といえます。これなら病気(損失)になりにくく、仕事や勉強も捗ります(安定した収益)。

年金の運用は画像右側の「健康第一の運用スタイル」です。実際の運用スタイルはこちら。

最新の運用状況ハイライト | 年金積立金管理運用独立行政法人

当法人の運用状況、運用方針、運用委員会等に関する情報を掲載しています。

◆◆◆まとめ:年金も一種の投資◆◆◆

年金と聞くと、「働きながら払って、あとで老後に貰うだけ」という感覚でしかないかもしれません。

ですがここまで見ても分かる通り、年金は一種の投資です。昨年10兆円の損失を出したことが話題になりましたが、投資である以上、損失がでる可能性があるのです。

「私たちの年金を!」と損失に怒る人がいますが、そうじゃなくて、「年金も危ないんだ」と思って、年金に頼らなくても生きていけるようにするべきではないでしょうか?

.

最終更新日:2016-03-23 10:10

コメント (0)