TOP
46.42score

ytrjun

スポンサーOvertex

katari.beでいただいたビットコインを寄付してきたよ!

katari.beを知ってから記事をいくつか投稿し、おかげ様でビットコインをいただくことができました。

FANCYでアイテムも買いましたし、ビットコインの取引の仕方も学べましたので、今度はビットコインで寄付をしてみました。

◆◆◆0.01BTC×8つの案件に寄付したよ!◆◆◆

今回、ビットコインを寄付したのはこちら。

Bitcoin donations | Coincheck

Coincheck has started bitcoin donation service to support organizations and projects in need.
coincheck(コインチェック)

コインチェックという、Zaifと同じビットコインのウォレットサイトで、そのなかの寄付を募っているページです。

寄付前の案件がこちら。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

案件を開いてアドレスを確認するか、QRコードを読み取ることで、送金が可能になります。

僕はZaifにしかビットコインは持ってないので、アドレスを入力して送金しました。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

約0.14BTCありましたが。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

約0.06BTCに。

寄付後の画像がこちら。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

今だと1BTC48,900円くらいなので、0.01BTC×8つだと3,900円くらいですね。

◆◆◆東日本大震災の経験から見た、日本の「寄付」文化について◆◆◆

僕は今福島県に住んでいますが、東日本大震災当時は仙台で学生をしておりました。

当時、世界中からたくさんの支援をいただいたわけですが、そこには日本よりも貧しい国からのものもあったわけで。それなりにカルチャーショックを受けた記憶があります。

あれから5年が経過しましたが、残念ながら、未だ日本人は寄付をしないとよく言われます。

2015年、イギリスのチャリティ団体CAFが発表した世界寄付指数(寄付やボランティアをよくする国)ランキングによると、日本は145カ国中102位という結果に。

参照(全編英語): https://www.cafonline.org/docs/default-source/about-us-publications/caf_worldgivingindex2015_report.pdf

そういったことも含め、あの震災以降、僕は災害の被害に関する寄付を積極的に行っています。

アフィリエイトの利益の一部や、使う予定のないポイントなど、「できる範囲で」ですけどね。そしてそれは、ビットコインも例外ではありません。

せっかくいただいたビットコインですが、たまにはこんなふうに使うのもいいですよね。

.

最終更新日:2016-03-29 01:19

コメント (0)